地域のかかりつけ学習塾MititeQ(ミチテク)朝日ヶ丘教室|千葉市花見川区新検見川駅


学習塾MititeQ(ミチテク)朝日ヶ丘教室は、経験豊富なプロが親身になって対応するあなたのための地域のかかりつけ塾です。
千葉県千葉市花見川区、新検見川駅から徒歩15分のところにある学習塾です。

ホームお知らせ2019年 ≫ 12月 ≫

2019年12月の記事:MititeQブログ

個別対応講座とは?②

2364
ミチテク生は、自ら積極的に学習できるようになることが一つの目標です。
そのためには「今、何を、なぜ、学習するのか」つまりは目的を明確にすることが学習意欲につながります。

まずは、今回学習する内容であるテーマ・学習範囲・分野を決めます。
目的意識をもって学習に臨んでもらうためです。

次に、これらについて一人ひとりに合わせて例題に取り組みます。
一人ひとりの今の学力や性格は異なりますから、これらに応じて例題の理解を深めることやヒントを与えます。

基本例題がわかったら類題に取り組んでもらいます。
間違えた問題でもすぐに答えを教えないでヒントを交えつつ自力で解けるような指導を心がけています。

また、随所に質問を交えながら理解度をつかむようにしています。
そうすることで、自ら考える力が培われ自主的に学習に取り組む習慣が身につくと思います。
 
2019年12月25日 12:00

成績が伸びにくい子の原因

基本的には勉強すれば成績は上がっていく、はずなのですが
すぐに成果が出る子となかなか成績につながらない子は確かに存在します。

そしてなかなか成績が上がっていかない子は
結果が出ないことに疲れてしまって余計に勉強しなくなってしまうということになることもあります。

それでは成績が伸びにくい子の原因はどういったことがあるのでしょうか。

まず睡魔に襲われやすい子ということがあります。
小学生・中学生は毎日きっちりと睡眠を取らなければいけないことは言うまでもありませんが、
実際には友達付き合いもあるし、部活や習い事に取り組んでいることもあって
実際に必要な睡眠時間を確保できていない子もいると思います。

そういう子は授業中や勉強中に頑張って起きているつもりでも
脳が十分に起きている状態ではないため勉強内容が頭に入っていきにくくなってしまいます。
そういった場合はどうしても勉強したことが結果に結びつきにくくなってしまいます。

次に気分屋である子ということがあります。
気分屋という性格は、決して悪い性格ではなく、
好きなことには熱心に取り組むといういい面も持っています。

しかし、成績を伸ばすということに関してだけ言うと、
理解できていない項目をできるだけ作らないということが大きな要素です。
理解できていない分野があると、そこからつながる分野の理解度がどうしても薄くなります。

気分屋の子は理解できていない分野の勉強となると気分が乗らないということになりますから
苦手分野の克服に他の人よりも時間と手間がかかり、成績が伸びにくくなってしまいます。

それから忘れ物をしやすい子ということがあります。
これは出された宿題をしないから成績が上がらないということではなく、
忘れ物をしやすい性格の子が、成績を上げることに苦労しやすいということです。

これは、親や先生に言われたことややらなければいけないことを整理したり
順序だてて行ったり優先度を感覚的に判断したりということが得意ではないという意味です。

こういう子は本当に勉強しなければならないことや
覚えて理解しておかなければならない大事なことが抜けてしまったりしてしまいます。
これではせっかく勉強しても成績につながりにくくなってしまいます。

このような原因はいずれも性格的なことなので簡単に直せるものではありません。
また、その子の長所を消すことになる危険性もあるので
無理をして直す必要もないと思います。

大事なことは、その子それぞれの性格に成績を上げていくペースが違うので、
成績が上がらないのは怠けていたりサボっていたりするということと考えるのではなく、
長い目で見てあげることではないかと思います。
 
2019年12月23日 12:00

個別対応講座とは?

2261
今回は学習塾MititeQの授業形式「個別対応講座」について紹介していきます。

個別対応講座は、生徒の学力・性格・目指す志望校や進路に応じて柔軟に対応する形式です。
授業の際に、その子の理解状況に合わせてじっくり丁寧に指導することを心がけています。

今学習していて「わからない単元をわかるようになりたい」「勉強の習慣を身につけたい」等
少しでも不安点があればMititeQで解決しませんか?
2019年12月18日 11:00

小学生から英語を始めると?

今はまだ本格的に指導されているわけではありませんが、
今後小学生から英語が必須科目として学ぶことになります。

小学生のうちから英語を学ばせようと
思われている方もいらっしゃると思いますが、
そのメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

やはり一番のメリットは英語に早くから慣れることで
苦手意識や不安なく中学生英語に臨むことができます。
そうすれば授業やテストにも自信を持って楽しく
取り組むことができるようになることでしょう。

実際に、すでに一度見たり聞いたりしていることを改めて勉強することは
要するに復習することと同じですから、
特に基礎段階の部分をしっかり身につけることができます。

一方で、小学校で英語を学んだとしても
その貯金はそれほど大きなものではありません。
中学1年で1年間しっかり勉強すれば追いつかれてしまいます。
小学校時代に勉強した子もそうでない子も
理解度はそれほど変わらなくなってしまうでしょう。

「自分は小学校から英語をやってきたから得意なはずだ」
と思っていた子も、どんどん追いつかれてしまうと
自信喪失でやる気をなくしてしまうという恐れもあります。

こういったことを前提にして、
「成績を伸ばそう」「得意科目にしよう」という感覚ではなく
事前に慣れ親しんておくぐらいの
軽い気持ちで学ばせることが良いのではないでしょうか。

少なくとも中1の最初の段階で毛嫌いして苦手意識を持ってしまうと
取り戻すことは結構大変ですから、
それを防ぐだけでも十分な効果ではないかと思います。
 
2019年12月16日 12:01

学習塾に関する考察② -個別指導塾-

個別指導塾はやはり生徒1人1人のレベルやペースに合わせて
指導してもらえることが特徴です。
そのため、集団塾ではレベルやペースが合わない子が通う、
もしくは集団塾で不足している部分を埋めるために通うケースが多いと思います。

なので、まず個別指導塾の使い方として向いているのは、
高校受験対策があると思います。
集団塾で全体の流れを体系的に学ぶということもありますが、
わかっていることの解説を再度聞いたり、
わからないところがあいまいなままであったりと
非効率なところがあります。

そこでわからないところをなくして苦手分野を克服したり
さらに掘り下げて詳しく理解したりすることで
自分に合った形でレベルアップさせることができます。

逆に学校や集団塾ではついていけない子が通うということもあります。
場合によっては下の学年の分野に戻ったところから復習することで
基本のところを身につけることができれば飛躍的に成績が伸びるということもあります。

そしてもう1つは、成績のレベルではなく性格によるものもあります。
人見知りがあったりおとなしくて控えめであると、
学校や集団塾ではどうしても受け身になってしまいます。
わからないところがあってもそのままになってしまいますし、
自分に合った学習法を見つけにくくなっています。

そういった子は距離感が近い形で隣に先生がいると、
常に見ていてもらえると安心感がありますし
自分の得意分野や苦手分野を適切に判断してアドバイスをしてもらえます。

集団塾と個別指導塾はお互いにメリット・デメリットがあるので、
お子さんに合わせてうまく活用してもらいたいと思います。

 
2019年12月09日 12:00

冬期講習受講生募集中!

2230
学習塾MititeQ(ミチテク)では冬期講習の受講生を募集中です!

朝日ヶ丘中学・花園中学の中学生のために学校の授業を大切にした生まれたばかりの塾ですが、
お問い合わせや体験授業のご依頼を少しずついただき、塾生も少しずつ入ってきていただいております。

冬期講習は塾生20名様までは特典がありますので、
花見川区の小学生・中学生の保護者様、どうぞお気軽にご連絡ください!
無料体験随時受付中です!
 
2019年12月07日 12:00

プロ教室長が教えます!

DSC_0118_コピー
MititeQではお子様一人ひとりに合わせて、その性格や今の学力に応じて個別に学習指導をします。
それには、教えるだけの先生では有効な指導はできません。
やる気ムンムンで「先生、ココがわかりません!」のお子様であれば優等生です。

私は、一度教えれば「なるほど、ココがわかっていないんだな。」「そうか、これは受け入れてもこれは今は無理だな」がわかります。
大切なことは、学習意欲の向上と解る自信を授けてあげることです。

「あれ?なんかここならできそうな気がする…頑張ってみようかな。」が最初は大切です。
質問ができないお子様も大歓迎です!
 
2019年12月04日 12:00

ごほうびで釣る作戦

もうすぐテストというのに勉強しないお子さんも多くいると思います。
やらなきゃいけないと思っていてもなかなかできないというものです。

そんな子どもの動機付けとするために
「テストで○○点以上取ったらゲームを買ってあげる」
というような約束をすることもあると思います。

このごぼうびで釣るということは賛否両論があるとは思いますが、
私は勉強するきっかけになるのであればそれもアリではないかと思います。

さてここで問題が発生してしまうことがあります。
80点以上という約束をしたときに、79点だった場合はどうすればいいのでしょうか?
原則としてはもちろんNGではありますが、
頑張ったところを見てしまうと買ってあげたくなるのが人情です。

ここは交渉の余地アリとするのはいかがでしょうか?
例えば「お小遣いを1ヶ月なしにしてゲームを買ってあげる」
「次のテストで○○点以上になったら」とかというように取引をするのです。
最初の決めごとを破ってしまうことでは約束の意味がなくなってしまうし、
1点足りないだけで何もなしではやる気が落ちていってしまいます。

せっかくごほうびで釣るという作戦を取ったのであれば
うまく活用してさらなるモチベーションアップにつなげていきたいですね。
2019年12月02日 12:00