地域のかかりつけ学習塾MititeQ(ミチテク)朝日ヶ丘教室|千葉市花見川区新検見川駅


学習塾MititeQ(ミチテク)朝日ヶ丘教室は、経験豊富なプロが親身になって対応するあなたのための地域のかかりつけ塾です。
千葉県千葉市花見川区、新検見川駅から徒歩15分のところにある学習塾です。

ホームお知らせ ≫ MititeQってどんな塾なの? ≫

MititeQブログ

自信を持たせる

2661
なかなか思うように解けない場合は「わかった!」という感覚を掴んでもらうためにあえて易しい問題を中心に解いてもらうようにしています。

問題が解けるようになると楽しくなり、その勢いがテストでも成果となって現れるものです。

Eくんは算数のテストでいつも60~70点のところをなんと86点とってくれました!

Eくんの晴れやかな表情がとても印象的でした。                              
2020年02月19日 18:00

先を見据えた指導

2463
MititeQの授業では、塾生の理解状況とご要望に合わせた指導はもとより先を見据えた指導を心がけています。

つまり、解き方だけではなくその単元が実際にどのような場面で活用されて
それを理解することで何に繋がるのかということも含めて説明するようにしています。

その単元をより身近に知ってもらうことで親近感や知的関心が湧き
今後の勉強に対する考え方や意識が変わると思います。
2020年02月08日 19:00

褒めて伸ばす

2554
MititeQでは、授業中はなるべく塾生の問題に対する考え方や意見に耳を傾けるようにしています。

一見解説にない解き方で答えを出す塾生もいて驚くこともあります。
でも話を聞いてみると間違っておらずむしろ新しい発見の連続です。

「先生、こういう考えで解いたんだけど…」
「なるほど!そういう見方もあるね、発想が豊かで素晴らしいね」

勉強に対する意識や考え方を大切にして日々指導しています。    
2020年01月29日 18:00

小テストで復習

DSC_0107_コピー
MititeQでは、授業の初めに小テストを実施しています。
内容は前回学習した内容が中心です。
成果が出ない場合は、授業中にその分野のフォローを行い次回の小テストも類題を出題します。
こうすることで、わかったつもりや受けっぱなしがなくなり知識の定着を図ることができるのです。
 
2020年01月24日 18:00

演習講座ー自立学習形式授業

DSC_0103_コピー
学習塾MititeQでは、個別対応講座とは別に演習講座があります。

演習講座は、学習計画に沿って学習をすすめる自立学習形式の授業です。
実際に、受講している塾生から
勉強に取り組む意識と学習習慣が身についた」とのお言葉をいただいています。

無理のない学習計画を立てて
コツコツと継続して勉強に取り組むことが成績アップの秘訣です。
2020年01月16日 12:00

個別対応講座とは?②

2364
ミチテク生は、自ら積極的に学習できるようになることが一つの目標です。
そのためには「今、何を、なぜ、学習するのか」つまりは目的を明確にすることが学習意欲につながります。

まずは、今回学習する内容であるテーマ・学習範囲・分野を決めます。
目的意識をもって学習に臨んでもらうためです。

次に、これらについて一人ひとりに合わせて例題に取り組みます。
一人ひとりの今の学力や性格は異なりますから、これらに応じて例題の理解を深めることやヒントを与えます。

基本例題がわかったら類題に取り組んでもらいます。
間違えた問題でもすぐに答えを教えないでヒントを交えつつ自力で解けるような指導を心がけています。

また、随所に質問を交えながら理解度をつかむようにしています。
そうすることで、自ら考える力が培われ自主的に学習に取り組む習慣が身につくと思います。
 
2019年12月25日 12:00

個別対応講座とは?

2261
今回は学習塾MititeQの授業形式「個別対応講座」について紹介していきます。

個別対応講座は、生徒の学力・性格・目指す志望校や進路に応じて柔軟に対応する形式です。
授業の際に、その子の理解状況に合わせてじっくり丁寧に指導することを心がけています。

今学習していて「わからない単元をわかるようになりたい」「勉強の習慣を身につけたい」等
少しでも不安点があればMititeQで解決しませんか?
2019年12月18日 11:00

学生アルバイト先生はいません!

DSC_0118_コピー
MititeQではお子様一人ひとりに合わせて、その性格や今の学力に応じて個別に学習指導をします。
それには、教えるだけの先生では有効な指導はできません。
やる気ムンムンで「先生、ココがわかりません!」のお子様であれば優等生です。

私は、一度教えれば「なるほど、ココがわかっていないんだな。」「そうか、これは受け入れてもこれは今は無理だな」がわかります。
大切なことは、学習意欲の向上と解る自信を授けてあげることです。

「あれ?なんかここならできそうな気がする…頑張ってみようかな。」が最初は大切です。
質問ができないお子様も大歓迎です!
 
2019年12月04日 12:00